ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

信州 富士見町をじっくり楽しむ 富士見町観光情報

  • 観光情報トップページ
  • 食べる
  • 遊ぶ
  • 泊まる
  • 旬を体験する
  • 富士見を歩く
  • 子供と楽しむ
  • 絶景を撮る
  • 特産品&お土産
  • イベント情報
  • お知らせ
フォトギャラリー 動画で見る富士見町 八ヶ岳 入笠山・入笠湿原

富士見町を歩く

紅葉と八ヶ岳の古道 ウォーキングコース

紅葉と八ヶ岳の古道 ウォーキングコース

真っ赤に染まる金色に輝く道

金色に輝くカラマツの紅葉に囲まれた信玄の棒道や鉢巻トレイルを散策します。

ルートには真っ赤に染まるヨドバシカメラスポーツセンター、黄色いイチョウの絨毯が広がるキャンプ広場などの紅葉狩りポイントがあります。その他、仏供石、ヒメバラモミの巨木、富士山ビューポイントと南アルプスビューポイントなど見所も満載。どこも絵画のような風景が広がっています。

高低差の少ない約6キロメートルの快適なウォーキングで心も体もリフレッシュできるコースです。

 

所要時間 10:30~14:30
 (約4時間)
距離 約 6 km
難易度 ★☆☆
駐車場 富士見高原ペンションビレッジ中央駐車場
最寄駅

JR信濃境駅・JR小淵沢駅
富士見高原ペンションビレッジ中央駐車場までタクシーで約15分

 

紅葉と八ヶ岳の古道 ウォーキングコース

おもてなしガイドよりひと言

お祭り広場イチョウのじゅうたん (2) お祭り広場イチョウのじゅうたん

落ち葉、風の音、空の青さ、野鳥のさえずり、そのすべてが芸術家であり素晴らしい感動を与えてくれます。壇香梅(ダンコウバイ)とイチョウの紅葉は地面をも秋色に染め、輝きの景色を創っています。

仏供石 (3) 仏供石

武田信玄が信濃侵攻に使用した軍用道路とも言われている棒道。その棒道の目印、目標石とされていたのがこの仏供石。 大きな石の上にはちょこんと八ヶ岳に向かいたっている石碑があります。

 

カントリーキッチン (5) カントリーキッチン

信州八ヶ岳山麓富士見高原にあるレストラン、ベーカリー、カフェ、ショップなどの「八ヶ岳カントリーキッチン」で昼食がお勧め。散策の疲れを癒しましょう。

カントリーキッチン

 

ヒメバラモミ (6) ヒメバラモミ

八ヶ岳と南アルプス北部、秩父山地の海抜1000~2000mにかけての令温帯から亜高山帯に見られる希産種です。 現在はその数は1000本足らずと推定され、絶滅も心配されるほど数も分布も限られた種類のようです。希少な木の鮮やかな佇まいをご覧ください。

 

富士見台 (7) 富士見台

気軽に大きな富士山が望めるビューポイント。 標高1200mを超す高台は爽やかな風が流れます。

 

南アルプスビュースポット (8) 南アルプスビュースポット

日本百名山、標高2967mの甲斐駒ケ岳など秋色に色づく南アルプス山脈と澄んだ青空が芸術的な美しさを描きます。 鹿の群れも鑑賞のチャンスあり。


紅葉と八ヶ岳の古道 ウォーキングコース

寄り道スポット

そば処 おっこと亭 そば処 おっこと亭

信州そば切りのお店です。

100%地元産玄そばを使い、完全手打のそばをご提供しています。新鮮野菜や花、特産品を買うことができ、そば打ち体験も行えます。

富士見町乙事3777-3
TEL 0266-62-7188

そば処 おっこと亭

ぱん・パ・パンぱん・パ・パン

八ヶ岳の麓にある小さなパン工房。自然いっぱいの空気の中で八ヶ岳の新鮮な水と厳選した材料を使い美味しいパンを焼き上げています。

富士見町乙事4624-35
TEL 0266-66-2268

ぱん・パ・パン

稗之底古村址 稗之底古村址

ミステリースポットといわれる稗之底村野古村址。 八ヶ岳山麓から湧き出る清らかな湧水の名スポットです。稗の底には今から約300年前まで人々が生活していた村がありました。現在は廃村となり当時の生活跡としては、水場として利用していた思われる湧水群と数基の石祠のみが残っているだけです。