ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 議会・監査委員 > 請願書・陳情書提出に関する手続きとその記載例

請願書・陳情書提出に関する手続きとその記載例

請願・陳情とは

皆さまの公の機関に対する要望や意見を、文書をもって「請願書」「陳情書」という形で町議会に提出することができます。

 請願と陳情の違い

  • 請願書には、富士見町議会議員(1人以上)の紹介が必要になります。
  • 陳情書には、紹介議員の必要はありません。

提出できる人は

  • どなたでも、提出できます。

提出できる時期は

  • 所定の要件を備えていれば、何時でも受付けています。ただし、審査の対象となるのは、各定例議会です。
  • 各定例議会開会日の2週間前までに、提出され、受理されている必要があります。
  • 審査の対象となる定例議会開催月は3月・6月・9月・12月です。
    詳しい日程については、議会事務局まで問い合わせください。

提出場所は

  • 富士見町議会事務局です。

提出するその諸要件と様式とは

 【記載例】

 【提出の手順】

  • 上記様式(PDFファイル)を参考に記入してください。
  • 提出については、事務処理上の都合により定例議会開会日の2週間前までに議会事務局へ提出してください。   
  • 提出期限までに提出されなかった場合には、次回定例議会の審査対象となります。予めご了承ください。
  • 尚定例議会は、年4回開催されます。(3月・6月・9月・12月)

議会に提出された請願書・陳情書の審議

  • 提出された請願書・陳情書は所管する常任委員会に付託され審議されます。
    (採択、不採択、一部採択、趣旨採択等があります。)
  • 本会議にて議決されますが、「採択」となったものは関係省庁・県などに「意見書」を提出したり、適切な処理を求めるようにしていきます。

 結果の報告

  • 常任委員会で審議された結果を本会議で採決します。
  • 提出された請願書・陳情書の審議結果は提出者に文書をもって報告いたします。