ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 住民福祉課 > 窓口での本人確認について

平成20年5月1日より
戸籍謄抄本・住民票等の交付請求や戸籍・住民異動届出の際に本人確認のため、身分証明等の本人確認書類の提示が必須となっております。ご理解とご協力をお願いいたします。

本人確認書類について

提示が必要なお手続き

・戸籍謄抄本等の戸籍に関する証明書の請求

・住民票等の住民基本台帳に関する証明書の請求

・所得証明書、納税証明書等の税に関する証明書の請求(詳細は財務課にてお問合せ下さい)

・転入、転出、転居等の住所異動に関する届出

・婚姻届、離婚届、養子縁組届、養子離縁届等の届出する事で効果が発生する戸籍届出

・印鑑登録の届出(即日交付の際は公的機関発行の写真付き身分証明書が必要です)

・臨時運行許可証の発行申請

・個人番号カードの発行申請

・公的個人認証の発行申請

提示していただく書類

根拠法令:戸籍法第10条の3、戸籍法施行規則第11条の2、住民基本台帳法第12条第3項、住民基本台帳法施行規則第8条、富士見町税関系証明書交付請求等に係る本人確認事務処理要綱第3条

1枚の提示で足りるもの(公的機関発行の写真付き身分証)

自動車運転免許証、個人番号カード、パスポート、写真付き住民基本台帳カード、在留カード・特別永住者証明証、その他戸籍法施行規則別表第一 [PDFファイル/79KB]に規定されている書類(身体障害者手帳、平成24年4月1日以降に発行された運転経歴証明書等)、国若しくは地方公共団体の機関が発行した身分証明書で写真を貼り付けたもの

2枚を組み合わせて提示が必要なもの(A、Bからそれぞれ1枚ずつまたはAから2枚)
被保険者証(国保、健保、船員保険、介護保険、共済、後期高齢者医療)、国民年金手帳、年金証書(国民年金、厚生年金保険、船員保険)、共済年金若しくは恩給の証書、写真無住民基本台帳カード、交付申請書に押印した印鑑の印鑑登録証明書
学生証、法人が発行した身分証、公的機関が発行した受給者証等

*平成28年1月より本人確認書類の一部が変更になります。 

  ○個人番号カードが本人確認書類として追加になります。(1枚で足ります。)

  ○診察券、通帳、キャッシュカード、クレジットカードは本人確認書類としては使えません。

お問合せ先
富士見町役場住民福祉課
住民係 0266-62-9112(直通)