ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 住民福祉課 > 住民基本台帳カードが継続して利用できるようになります!

住民基本台帳カードの継続利用について

これまで住民基本台帳カード(以下、住基カード)の発行を受けた方が他の市区町村へ引っ越しするときは、転出時に住基カードが失効し使用できなくなりましたが、住民基本台帳法改正により、平成24年7月9日からは転入先の市区町村窓口に提出して所定の手続きを行なうことによりカード裏面に新住所が記載され、それまでの住基カードが引き続き利用できるようになりました。(国外への転出を除く)

なお、これまでと同様に転出届や転入届の提出は必要です。

住所異動の手続き(世帯員のいずれかが有効な住基カードを所持し継続利用する場合)

転出届の際、転入先で住基カードを継続して利用される場合は、窓口でその旨を申し出てください。

※転出届を転出証明書郵送交付申請書 [PDFファイル/370KB]でされる場合は、住基カードの交付を受けていること、住基カードの継続利用を希望すること、昼間に連絡のとれる電話番号を必ず記入して請求してください。

転出届に記載された転出予定日から14日以内に必ず転入先市区町村窓口で転入届を行ってください。期限を過ぎて届け出た場合、継続利用はできません。

住基カードの継続利用を希望された場合は、原則として「転出証明書」が交付されません。住基カードが転出証明書の代わりになりますので、転入地では必ず住基カードをご持参の上、転入届を提出してください。

住基カードを使った特例転入届の場合は、転入手続きの際に住基カードを持参し住基カードの暗証番号(カード発行の際に登録した4桁の数字)を入力してください。

転入届の際、「住基カードの継続利用を希望する」旨をお伝えください。持参してない住基カードがある場合は、転入届を行った日から90日以内に転入先の市区町村で継続利用の手続きを行ってください。90日以降は失効することとなります。

手続きができる方

転入者本人、転入者と住民登録上同一の世帯に属する方

必要なもの

転入する方の住基カード(カードの暗証番号4ケタをご確認いただきます)、本人確認書類(同一世帯の方の場合)

※公的個人認証用電子証明書はこれまで通り住所異動により失効しますので、転入先市町村で手続きが必要です。