ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 住民福祉課 > 住民基本台帳カードについて

住民基本台帳カードについて

住民基本台帳カードとは

 希望者の申請により、交付を受けられます。高度なセキュリティ機能を備えたICカードで、写真付カードと写真なしカードがあります。

詳細はこちら⇒総務省 住民基本台帳カード総合情報サイト外部リンク

カードの活用方法

写真付きカードの場合は、運転免許証やパスポートと同様に公的な身分証明書として利用できます。
また平成24年7月より住所の異動の際に転出証明書の代わりに住民基本台帳カードを用いて手続きができるようになり、

また今後も電子申告など申請・届出等手続きのオンライン化で活用する場面が増えるものと考えられています。

カードの有効期間

10年間です。(電子申告などを行う場合の電子証明書の有効期限は発行から3年です。)
※平成24年7月9日より転出時に住基カードを利用した転出手続きを行う事で転出先市町村でも

継続してカードを利用できるようになりました。⇒住基カードが継続して利用できるようになります!

申請から交付までの流れ

申請できる方

富士見町に住民登録をしている方です。

申請に必要なもの

・本人確認書類(免許証等の写真付身分証) 

※写真付身分証が無い方は申請後、ご本人様宛郵便により照会文書をお送りし後日回答書をお持ちいただきます。(カード交付含め計3回窓口へお越しいただきます)

・印鑑

・手数料500円

顔写真付カードを希望する場合でも、写真は住民係で撮影しますので不要です。(写真を撮影しても手数料は変わりません。撮影は無料です。)
また、写真は自分で用意していただいても構いません。その場合は、次の条件に合う写真を用意してください。 
⇒申請前6か月以内に撮影した、無帽、正面上半身、無背景、大きさ縦4.5センチメートル、横3.5センチメートルの写真

※e-tax等に利用できる電子証明書発行には別途身分証明書と500円の手数料が必要です

 ⇒電子証明書の発行申請

申請の場所

住民福祉課住民係の窓口です。

カードができあがるまで

申請受付の日から1週間程度を要します。

カードを受け取るには

申請受付から1週間程度でお送りする「住民基本台帳カード交付通知書兼照会書」の「回答書」欄に記入・押印していただき、本人が確認できる書類も持参のうえ、申請したご本人が窓口においでください。
本人が確認できる書類は、申請時にご説明するとともに、お送りする通知書にも記載されています。
なお、交付時には本人確認を行い、数字4桁の暗証番号を設定していただきます。

暗証番号の注意事項

(1)容易に推測される番号の設定は避けてください。
(2)設定された暗証番号は役場でもわからないので、忘れないようにしてください。暗証番号を忘れてしまったり、暗証番号の入力を3回間違えて入力できなくなった場合は、暗証番号を再設定する手続きが必要になります。
(3)暗証番号を書いたメモや推測されるようなものをカードと一緒に保管したり、他人に知られたりしないようにしてください。
(4)本人確認のため暗証番号の入力をお願いすることがありますが、入力を3回間違えると、以後は入力できなくなります。この場合、暗証番号の設定を変更する手続きが必要になります。

カードを交付された後の注意事項

1.カードについて

(1)カードを折り曲げたり、カードのIC(金色の部分)が傷付いたり汚れたりすると使用できなくなります。
(2)カード裏面の白い部分は、変更事項を記載する場所ですから、汚したり、字を書いたりしないでください。

2.届出、再交付申請等について

(1)町内で転居したときや、氏が変わった場合は、カード裏面に変更事項を記載しますので、記載事項変更の届出をしてください。
(2)傷や破損でカードが使用できなくなった場合は、再交付申請をしてください。(手数料がかかります。)
(3)カードを紛失、盗難された場合は、直ちに住民福祉課住民係へ届け出てください。(一時的にカードを停止にすることは電話連絡でも結構です。ただし、一時停止を解除することは、電話ではできません。)
(4)カード表面に記載された有効期限の3か月前から再交付の申請ができます。(手数料がかかります。)
(5)カードが不要になった場合は、カードを住民福祉課住民係へ返納してください。
(6)

転出の際に継続利用の手続きをする事で転出先市町村でもお使いいただけます。お手続き方法等はこちら⇒住基カードが継続して利用できるようになります!

お問合せ先
富士見町役場1階 住民福祉課住民係
0266-62-9112、9115(直通)