ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子ども課 > 富士見町立保育園について

1.保育園とは

 保育園は、保護者(父・母等)の就労や病気などの理由により、家庭で保育できない児童を、保護者に代わってお預かりする施設です。

2.保育時間

 通常の保育時間は午前8時~午後4時ですが、必要に応じて午前7時30分~午後6時45分まで保育をします。通常の保育時間を超える場合は、長時間保育または、標準時間認定となります。

土曜保育

 富士見保育園のみで行っています。ご希望の方は各園に申し込んでください。

3.保育料について

 保育料については「保育料算定について」のページをご覧ください。

4.入園できる基準について

子ども子育て支援制度に基づき、保護者が保育を必要とする事由に該当するとして、2号(3歳以上児)・3号(3歳未満児)に認定された児童が入園できます。(次のいずれかに保護者(両親)が該当することが必要です)

定員管理に問題がなければ、1号認定児童も入所できます。

なお、通園できる期間は基準により異なり、入園後に基準を満たさなくなった場合は通園ができなくなります。通園できる期間は「保育を必要とする事由」の期間となります。

保育を必要とする事由確認のために、就労区分や事由に応じた書類を提出していただきます。また、同居の親族などが子どもを保育することができる場合、利用の優先度が調整される場合があります。

<保育を必要とする事由>

 

具 体 的 な 要 件

家庭外(内)労働

家庭の外で働いている場合 1か月あたり64時間以上労働することを常態とし、フルタイムのほか、パートタイム、自営業、居宅内の労働など、基本的にすべての労働を含み、労働に見合った対価を給与または報酬として受け取っている場合。

☆通園できる期間・・・仕事をしている期間。

妊娠・出産等

☆2号認定の方の通園できる期間・・・

産前は2カ月・産後は出産日の翌日から12カ月の日のある月末まで。

☆3号認定の方は、産前2カ月・産後は出産日の翌月から3か月目の月末まで。双胎の場合は4か月目の月末まで

保護者の疾病等

☆通園できる期間・・・療養等に必要だと医師が認めた期間。

家族の介護等

長期にわたり疾病の状態にある、または精神もしくは身体に障がいを有する親族を常時介護している場合。

☆通園できる期間・・・介護・看護に必要と認められる期間(要診断書・ケアプラン等)

家庭の災害

☆通園できる期間・・・地震・火災・風水害等で災害復旧に必要な期間。

求職中の場合

☆通園できる期間・・・求職活動後最長3ヶ月

(就労証明が提出されない場合:3号認定の場合は、退所していただき、遡って最高額をいただきます)

就学

保護者が専修学校・各種学校等教育施設に在学中であること。職業訓練校で職業訓練を受けていること。(カルチャースクールや趣味の講座は除く)

☆通園できる期間・・・在学中(要証明書)

DVや虐待のおそれがあること

DVや虐待(富士見町要保護児童対策協議会で支援が必要と認められた児童)

☆通園できる期間・・・必要な期間

育児休業取得時にすでに保育を利用していること

育児休業取得時にすでに保育を利用している2号認定の児童がいて継続利用が必要であること。(2号認定の5歳児が対象です。3・4歳児は、出産後1年までは妊娠・出産理由とし、その後継続利用の場合は、1号認定に変更となります。)

その他

町長が認める上記要件に類する状態にある場合。

<保育の必要性に応じた区分>

    2号・3号認定を受ける方は、さらに保育の必要量によって「保育標準時間」「保育短時間」に区分されます。

    「保育標準時間」・・・フルタイム就労を想定した利用時間(最長11時間) 労働時間:月120時間以上

    「保育短時間」・・・・パートタイム就労を想定した利用時間(最長8時間) 労働時間:月64時間以上120時間未満

        *「保育短時間」利用が可能となる保育の必要性のある保護者の就労時間の下限は、1か月64時間です 

         ※ただし、保護者の希望により、「標準時間」に該当する方が、「短時間」で利用することは可能です。

保育が必要な事由に該当しない児童の入所について(1号認定・特別利用保育)

 家庭で保育できる場合でも、保育所の定員などに支障がない場合は、「1号認定の特別利用保育」として入所することができます。入所決定は2・3号認定の児童が優先されますのでご了承ください。

5.長時間保育

 保護者の勤務等の都合により、通常の保育時間内に送迎のできない短時間認定の方は、長時間保育の申し込みをしてください。 

  •  午前7時30分~午前8時     
  •  午後4時~保育園終了まで  

長時間保育料は月額で請求いたします。申し込みをされた月は、利用しなくても料金が掛かります。利用をやめる場合は、お手数ですが各保育園まで申し出てください。

 

6.子育て支援

  • 未就園児との交流
     保育園では、広く地域に開かれた保育園として未就園児の皆さんが親子で行事等に参加して、保育園を知る機会にしています。来入予定児と思われるお子さんには、各園より通知があります。

   詳しくは、「未就園児の会」のページをご覧ください。

7.よくある質問

就労場所が変更になったのですが・・・

  • お手数ですが「保護者就労証明(申告)書」を保育園に提出してください。

長時間保育を利用していないのに、利用料を請求されたのですが・・・

  • 長時間解除届の提出はお済ですか?届出がない限りは利用料の請求をいたしますので、保育園長に申し出をし、必ず届出をしてください。

一月のうち、半分以上お休みしたのですが、保育料は安くなりますか?

  • 富士見町では、日割りでの保育料請求をしていませんので、保育料は全額請求いたします。事情により、長期にわたってお休みする場合は、ご相談ください。

新年度の入園受付はいつですか?

  • 毎年9月に入園説明会を行い、10月に各保育園にて入園受付を行っています。詳しい日程については、改めてお知らせいたします。

一時保育を昨年に引き続き利用しますが、届出は必要ですか?

  • 一時保育は、年度毎に届出をお願いしています。引き続き利用する予定のある方は、お手続きをお願いいたします。

仕事や出産の都合で、他市町村の保育園に入園したいのですが・・・

  • 保護者の就労や、里帰り出産の関係で、他市町村の保育園に広域入所者として入園することは可能です。広域入所は、該当保育園の定員に余裕がある場合のみ入園できます。
    詳しくはお問い合わせください。

広域保育を昨年に引き続き利用したいのですが・・・

  • 広域入所をご希望の方は、1年毎の更新となります。11月以降富士見町役場へご相談ください。なお、同じ保育園を希望していても、希望保育園の状況等により、希望保育園に入園できない可能性もあります

富士見町以外に居住しているのですが、町立保育園には入園できますか?

  • お住まいの市町村にお問い合わせはされましたか?まず、お住まいの市町村にて広域入所の可否を判定する必要があります。
    また、広域入所を認めていない市町村もありますので、お住まいの市町村保育担当へお問い合わせください。

8.入園手続き等

 次年度入園希望者に対して、9月に入園説明会を開催します。期日を決めて各保育園にて入園受付を行っています。次年度途中入園を希望される方もできるだけこの時期に入園申し込みをしてください。詳しい日程については、改めて広報やホームページでお知らせいたします。

 なお、入園についての相談等は随時受付けていますので、お気軽にご相談ください。