ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子ども課 > 保育料算定について

保育料の算定について

 平成27年4月1日から「子ども子育て支援制度」に伴い保育料が改定されました。

 保育料は、保護者の市町村民税額を用いて判定します。

 4月から8月は前年度の市町村民税額、9月から翌年3月は当年度の住民税額で判定します。

 市長村民税額で判定するため、判定年度の1月1日に住所がなかった方は、市町村民税額がわかる書類の提出が必要です。

 市町村民税額は、両親の市町村民税額を合算した金額です。

<市町村民税額がわかるもの(例)>

  • 平成○年度給与所得にかかわる町民税・県民税 特別徴収額の決定・変更通知書(納税義務者用)
  • 市町村で発行している所得・課税・扶養証明書
  • 町民税・県民税 納税通知書

保育料徴収基準額

 国の定める額を参考に、富士見町では全8階層の区分に分けて算定しています。1号認定の特別利用保育については、1号認定の票を用います。

 ・富士見町保育料金表 [PDFファイル/186KB]

以下のことに注意してください!

  • 保育料は、入園した年度の4月1日の年齢で認定します。年度の途中で3号認定から2号認定に変わった場合でも、保育料は3号認定の票を用います。
  • 保育料算定のために必要な資料の提出がない場合や、所得税・住民税の申告がない方は、保育料の最高額をいただくこともあります
  • 保護者に変更があった場合(結婚や離婚など)や、住民税額に変更が生じた場合は、子ども支援係までご連絡ください

 多子世帯への負担軽減

  従来の同時入所の場合の負担軽減の他に、世帯内の第3子以降の児童については、1・2号認定の児童は保育料無料3号認定の児童は半額となります。

 【同時入所以外の場合】第1子・第2子の年齢の制限はありません。

(例)第1子:中学生 第2子:小学生 第3子(4歳)⇒無料 第4子(2歳)⇒半額

1号認定

(3歳以上児保育の必要性なし)

2号認定

(3歳以上児保育の必要性あり)

3号認定

(3歳未満児保育の必要性あり)

同時入所以外

第3子以降無料

第3子以降半額

 【同時入所の場合】

 ・2・3号認定の方は同一世帯から2人以上の小学校就学前児童が保育所に入所、あるいは幼稚園、認定こども園、特別支援学校幼稚部、知的障害児通園施設、難聴幼児通園施設、肢体不自由児施設通園部、情緒障害児短期治療施設通所部に入所又は児童デイサービスを利用している場合、1人目の児童は表の金額、2人目の児童は半額、3人目以降は無料となります。

 ・1号認定の方は、小学校3年生以下の児童のうち、4時間(12時まで)の料金が1人目は表の金額、2人目は半額、3人目は無料となります。

 

よくある質問

仕事を一時的にやめて、収入が減っているのですが?

  • 保育料は、前年中の所得金額により算定しています。本年中での所得減などによる算定は、来年度に反映されると思われます。

祖父母と同居していますが、保育料額に含まれますか?

  • 基本的には合算しません。保護者の所得金額によっては、合算されるケースもあります。
    詳しくはお問い合わせください。

保育園に関して

 富士見町立保育園の入園に関する事項は、「富士見町立保育園について」のページをご覧ください。