ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 産業課 > クマの出没に関すること

 自然豊かな富士見町には、ツキノワグマをはじめとする野生鳥獣が数多く生息しています。クマとの遭遇による人身被害を防止するため、山林内、山際の耕地や道路では十分気をつけてください。

 クマによる人身被害を防ぐために 

 クマは、本来温厚で臆病な動物で人間に気がつけば、自ら逃げ出したり、身を隠したりしますが、人間の気配に気づかず、バッタリ出会ってしまった場合には、人身事故につながってしまうことがあります。 

 クマに遭遇しないために、山に入る際はラジオや鈴などの音の出るものを身につけ、人間の存在をクマに知らせましょう。

 特に6月から9月には山に食べ物が少ないため、人里に近づくことが多くなります。また、薄暗い時間帯の早朝や夕方はクマの活動が活発になりますので、注意してください。

 クマによる人身被害を防ぐために [PDFファイル/311KB]

 クマの目撃情報について

 クマの目撃情報がありましたら、農林保全係までご連絡ください。