ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 財務課 > 納税について

税金・料金の納期限及び納付書発送月

口座振替日・・・納期限日(再振替日は翌月の中旬〔詳細は係まで〕、休祝日は翌営業日。)

町税等を滞納すると・・・

納期限までに納められない場合は、まずご相談ください!

 納期限までに納付しないことを滞納といいます。町税等を滞納すると、まず督促状を送付して納付を促します。督促状を発送した場合、督促手数料100円が加算されます。
 また、滞納した場合には、本来納めるべき金額の他に延滞金(※)を納めなければなりません。
 町では、督促状を発送した後も納付されない方には、催告書や電話等で納付依頼、納付相談等を行っています。そのまま放置しておくとやむを得ずあなたの財産の調査や、勤務先への給与の照会、預金の調査等を行い、それらの財産を差し押さえるといった滞納処分を実施します。
 分割での納付など、納税相談を随時行っていますので、お気軽にご相談ください。

滞納処分の流れ

督  促納期限までに完納されない場合には、督促状により督促を行います。
(督促手数料100円が加算されます。)

催告書・電話等での納付依頼
財産調査 官公署・金融機関・勤務先・取引先等に対して調査を行います。

 
差  押 財産調査で発見した滞納者の財産に対する差押を行います。

 
換  価 差し押さえた財産を公売等により、換金を行います。

※延滞金

納期限までに納付しないと、納期限の翌日から次の割合により延滞金が加算されます。

  • 納期限の翌日から1月を経過する日までの期間 ・・・ 年 7.3%(注)
  • 納期限の翌日から1月を経過した日以降の期間 ・・・ 年14.6%

(注)平成12年1月1日から平成25年12月31日までの延滞金(年14.6%となる期間を除く)の割合は、 「年7.3%」と「前年11月30日の公定歩合の割合に4%を加算した割合」の いずれか低い方になります。
  平成26年1月1日以後の期間については、「年7.3%」と「その年の前年の公定歩合の割合に1%を加算した割合」の いずれか低い方になります。

町税(料)金の納付には、便利な口座振替を!

 町税(料)金の納付は口座振替が便利です。納期ごとに役場や金融機関等へ出向かなくても、口座から自動的に振替できます。納め忘れることがなく便利です。ぜひご利用ください。

口座振替ができる税(料)金

 町県民税、固定資産税、軽自動車税、後期高齢者医療保険料、国民健康保険料、上下水道使用料、保育料、有線放送使用料、住宅使用料

口座振替ができる金融機関

 三井住友銀行、八十二銀行、諏訪信用金庫、信州諏訪農業協同組合、ゆうちょ銀行、郵便局

お申し込み方法

 通帳(または口座番号がわかるもの)、通帳届出印をお持ちになり、役場財務課窓口または金融機関に備え付けの「富士見町 町税等口座振替依頼書・自動払込利用申込書」に必要事項を記入・押印のうえ、提出してください。
 また、ご連絡いただければ郵送でお手続きすることもできます。

 ※口座振替の申し込みをいただいてから振替が開始されるまで1ヶ月程度かかることがあります。 

すでに口座振替をされている方へ

指定口座の再確認をお願いします

 すでに口座振替を依頼してあるのに、年数が経過して申し込み口座が現在活用されていない場合がありませんか?
また、「本人の口座からの引き落としのつもりが、家族の口座から引き落とされてしまった」ということが多くみうけられます。
 口座契約をご確認のうえ、変更・解約等のお手続きをお願いします。

税(料)金ごとに口座振替の依頼が必要です

 「全部の税(料)金が口座振替になっているはずなのに、口座から引き落としされなかった」ということはございませんか?
 口座振替をお申し込みいただいたときに課税になっていなかった税(料)金について、口座振替のお申し込みをいただいていない場合があります。
 この場合、新たにその税(料)金ごとに口座振替の申し込みが必要になりますので、お手続きをお願いします。 

解約にも手続きが必要です

 お申込みいただいた口座振替は解約されない限り継続されます。「現金で納めるはずが口座から引き落としになってしまった」ということがあります。
 口座振替の解約にも手続きが必要になりますので、お手数ですが所定の書類をご提出ください。

コンビニ納付START

 富士見町の町税等がコンビニエンスストアでも納付することができます。
 全国の主なコンビニエンスストアで時間や曜日を気にすることなく納付できます。土日祝日や夜間も納付できますので、ご利用ください。
 ただし、次の場合は納付できませんので、納付書裏面に記載されている金融機関で納付してください。

  • 納付書1枚の金額が30万円を超える場合
  • 納付書にコンビニ納付用バーコードが印刷されていない場合

コンビニで納付できる税(料)金

 町県民税(普通徴収)、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険料

取扱いコンビニエンスストア(全国の店舗で納付いただけます。)

 エブリワン/MMK設置店/くらしハウス/ココストア/コミュニティ・ストア/サークルK/サンクス/スパー北海道/スリーエイト/スリーエフ/生活彩家/セイコーマート/セーブオン/セブン-イレブン/タイエー/デイリーヤマザキ/ニューヤマザキデイリーストア/ハセガワストア/ファミリーマート/ポプラ/ミニストップ/ヤマザキデイリーストアー/ローソン

 ※ご注意

  納付の際は納付書に記載されている期別と納期限を確認のうえ、間違いのないよう期別の順に各納期限までに納付してください。

 よくあるご質問

Q1

バーコード印字された納付書は、コンビニ以外では使えないのですか?

A1

バーコード印字された納付書は、コンビニ専用ではありません。役場や金融機関等でも納付できます。

Q2

たとえば、固定資産税の第1期を納めるつもりで、第2期の納付書を使ってしまった場合はどうなりますか?

A2

第2期の納付書を使った場合は、あくまでも第2期として収納されますので、あらためて第1期を納めていただくことになります。各納期を間違えないよう順番に納付してください。

 

お問い合わせ先

財務課収納係 電話:0266-62-9123(直通)