ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 住民福祉課 > 後期高齢者医療保険

対象になる方(被保険者)

  • 75歳以上の方(これから75歳になる方は、75歳の誕生日当日からです。申請の必要はありません。)
  • 65歳以上75歳未満の方で、一定の障害がある方(本人の申請に基づき、広域連合の認定を受けた方。)
    ※詳しくは別添資料をごらんください。

この制度は、都道府県ごとに設置されている「後期高齢者医療広域連合」が運営し、保険料も都道府県ごと決定されます。「市町村」は、住民からの各種申請の受付や被保険者証の引渡し等の窓口業務、保険料の徴収などを行います。

後期高齢者医療被保険者証

 保険証は、一人に1枚交付されます。医療機関にかかるときは、必ず提示してください。

  • 保険証は、75歳になる誕生日までに交付されます。
  • 保険証を紛失したり、破損してしまったような場合は再交付しますので、印鑑を持参のうえ役場住民福祉課国保年金係へお申し出ください。
  • 保険証は、毎年8月1日付けで定期更新されます。また、一部負担金の割合に変更がある場合など保険証の記載事項に変更があった場合は、有効期限の期間内であっても保険証が差し替え(変更)となります。
  • 差し替え(変更)前の保険証は、以降使用せずに速やかに役場住民福祉課国保年金係へ変換してください。

一部負担金の割合

医療機関での一部負担金(窓口負担)の割合は次のとおりです。 

   ※前年の所得をもとに8月から翌年7月までの負担割合を判定します。

3割負担

現役並み  所得者

市町村民税課税標準額が145万円以上の被保険者、および同一世帯の被保険者

ただし、次に該当する場合で「基準収入額の適用申請」をし、広域連合で認定された場合は1割となります。

  • 同一世帯に被保険者が1人の場合、被保険者の収入額が383万円未満。
  • 同一世帯に被保険者が2人以上いる場合、被保険者全員の収入額合計が520万円未満
  • 同一世帯に被保険者が1人で、かつ70歳以上75歳未満全員の収入額合計が520万円未満

※基準収入額適用の可能性のある方には、申請のお知らせをします。

1割負担一般現役並み所得者・市町村民税非課税世帯以外の方
区分ll同一世帯の全員が、市町村民税非課税である方(区分l以外)
区分l同一世帯の全員が市町村民税非課税で、それぞれの各収入等から必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる方

   

給付等

医療費の払い戻しを受けられる場合について

 次のような場合は、医療費をいったん全額お支払いいただきますが、申請をして長野県後期高齢者医療広域連合で認められれば、自己負担額を除いた額があとから療養費として支給されます。

 <例>

  • やむを得ない事情で、保険証を持たずに医療機関で受診したときや、保険診療を扱っていない医療機関にかかったとき。
  • 医師が必要と認めて、コルセットなどの補装具代がかかったとき。

 ※申請及び詳細については役場住民福祉課国保年金係までお問い合わせください。

葬祭費について

 後期高齢者医療保険の加入者が亡くなったとき、その葬祭を行った方(喪主等)に対して、広域連合から50,000円が支給されます。

 その他、高額医療費については直接お問い合わせください。

問い合わせ先

富士見町役場 住民福祉課 国保年金係
電話:0266-62-9111

後期高齢者医療制度全般に関すること

長野県後期高齢者医療広域連合
電話:026-229-5320

関連する情報