ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 総務課 > 人口・位置・沿革

富士見町の位置

富士見町の広域地図

(平成29年12月1日現在)

・人口男       7,274人
女       7,546人
総計  14,820人
・世帯5,958世帯
・総面積144.76㎢
・北緯35°54’40”
・東経138°14'39"
・海抜977m

 

 

 

 


世界に展かれた高原の文化都市 富士見町

町章

 富士見町の町章「フジミ」を図案化したもので和と団結、発展を象徴するものです。

沿革

明治7年、筑摩県の通達により、旧木の間村外9ヶ村が合併して富士見村が誕生した。東・西にそれぞれ連なる山々に挟まれた地形であるが、遠くに富士山を望めることから「富士見」の名が付いた。昭和30年、富士見村、本郷村、境村、落合村が合併した。この4ヶ村からも共に日本一の富士山を望めることから「富士見町」の名称となった。

面積

144.76㎢

人口・世帯数

町の統計データをご覧下さい。

町の木

白樺

町の花

すずらん

名所・旧跡・観光スポット

井戸尻遺跡(井戸尻考古館)、御射山社、信玄の棒道、富士見公園、入笠山・入笠湿原、乙事諏訪社、創造の森、富士見高原リゾート、富士見パノラマリゾート、道の駅信州蔦木宿、そば処おっこと亭 、ふじみ分水の森

特産品

赤いルバーブ、食用ほおずき、手打ちそば、カーネーション、菊、彗星ラン、高原野菜、トマトジュース、ひまわり油、そばドラ、古代米

姉妹町

西伊豆町(静岡県)

友好都市

多摩市(東京都)
川崎市(神奈川県)
TDCリッチモンド地区(ニュージーランド)

日本一

県立富士見高校

標高967m、最高標高にある高等学校

富士見町図書館

貸し出し冊数(人口15,000~20,000人規模別)