ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 農業委員会 > 農地を農地以外のものに変更して使用、売買・賃貸するには(法4条、5条)

農地を農地以外のものに変更して使用、売買・賃貸するには           

 自分の農地を住宅敷地や駐車場などに利用したい場合(転用)は、農地法第4条の許可を受ける必要があります。
農地の転用を目的として売買(権利移転)や賃貸借(権利設定)を行う場合は農地法第5条の許可を受ける必要があります。
転用する面積が、4ha未満の場合は長野県知事の許可、超える場合は農林水産大臣の許可となり、富士見町農業委員会が申請を受付けて、長野県に意見書を添付、書類を送付し、その後許可等行政処分がされます。

 

1 許可の条件                                                     

次のいずれかに該当しない場合は許可されません。
(1)申請地及び転用目的が営農条件や周辺の市街化の状況から妥当であること
(2)転用予定地の位置が妥当で、転用する面積の必要性が認められること
(3)転用目的の確実性が確保されていること。適切な計画を立て、転用事業に必要な資力が十分であること
(4)周辺農地、水利等への被害防除措置が十分であること
(5)転用行為の妨げになる権利を有する者の同意を得ていること
(6)転用に関係する他法令上問題がないこと。例えば住宅敷地として転用する場合、建築許可が得られる見込みがあるこ と
(7)「農業振興地域の整備に関する法律」で規定する農用地区域に該当しない農地であること

 2 事務処理の日程                                                  

受付締切日/毎月10日(10日が土曜日の場合は翌々日、日曜日・祝日の場合は翌日)
交付予定日/受付月の翌月の20日頃(6週)

 3 主な手続きの手順                                                 

(1)転用する農地が農業振興地域の農用地区域の指定を受けていないか確認して下さい
【注意点】
農用地区域の指定を受けている場合は、原則として転用はできません。立地条件によっては、稀に区域指定の除外ができる場合もありますので、ご相談下さい
(2)事業計画及び資金計画を立てて下さい
(3)転用する農地について、法務局で土地の「登記事項証明書(全部事項証明)」「公図」の発行を受け、内容を確認して下さい
【注意点】
5条申請で所有権移転が伴う場合で、一筆を分けて転用するときは、土地の分筆が必要です。
(4)必要な添付書類を用意し、許可申請書に必要事項を記入・押印の上、農業委員会事務局に提出して下さい
(5)農業委員会において現地確認を行います
(6)農業委員会の総会において、申請内容を審議します
(7)富士見町農業委員会が意見書を添付して、長野県知事へ送付します
(8)県知事は長野県農業会議に諮問し、その答申を受けて許可、不許可を判断します
(9)許可案件については許可指令書、不許可案件については不許可の通知書が農業委員会に送付されます
(10)受付月の翌月の20日頃に許可指令書(又は不許可の通知)を農業委員会で交付します。受取りの認印を持参して交付を受けて下さい
(11)転用事業が完了するまで、農業委員会に転用行為の進行(進捗)状況を報告して下さい
(12)転用事業が完了したら、農業委員会に事業完了の報告をして下さい
(13)事業完了の報告後に、法務局で地目変更の手続きをして下さい

 4 提出書類                                                       

(1)許可申請書
  所有者が転用する場合は「第4条許可申請書」 [Excelファイル/32KB] 
  「第4条許可申請書」 [PDFファイル/90KB]
  
  所有者以外が転用する場合は「第5条許可申請書」 [Excelファイル/36KB]
  「第5条許可申請書」 [PDFファイル/102KB]

(2)必要な添付書類 [Excelファイル/32KB] [PDFファイル/109KB]

    申請事由の詳細(補足説明) [Wordファイル/31KB] 

   農地転用に関わる確認書 [Wordファイル/26KB]

    資金調達計画書 [Excelファイル/18KB]


    農業委員確認票 [Wordファイル/36KB]  [PDFファイル/98KB]

(3)事業完了後の報告について

   進捗状況報告書 [Wordファイル/35KB]

【注意点】
申請の際には、記入漏れや誤りがないか、添付書類が揃っているかなどをしっかり確認して下さい。許可申請書、添付書類に不備がありますと、当月分として処理ができなくなる恐れがあります。余裕をもって申請を行って下さい

 5 提出部数                                                       

2部
※正本、副本の各1部です。副本は正本をコピーして作成して下さい

 6 提出先                                                        

農業委員会事務局の窓口(役場2階奥13番カウンター)に提出して下さい