ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 観光サイト > 南アルプスライチョウサポーター養成講座のお知らせ

南アルプスライチョウサポーター養成講座 のお知らせ

国の特別天然記念物「ライチョウ」は、氷期の遺存種とされ、南アルプスが世界南限の生息地とされていますが、近年その数を急激に減らしています。この絶滅が心配されるライチョウのことを、多くの方に知っていただき、またサポートしていただくために、長野県や南アルプス自然環境保全連携協議会では、それぞれライチョウサポーター制度を創設し、サポーターの要請を行っています。


ライチョウサポーター養成講座

☆講演 「ライチョウの生態、現状、保護の方法、環境省の取り組み」
      
環境省 信越自然環境事務所 自然保護官 福田 真 氏

      「ニホンライチョウの現状と課題、かれらの生息環境と気候変動」
            
長野県環境保全研究所 専門研究員 堀田 昌伸 氏

 

【開催日時】平成30年12月2日(日曜日) 13時半~16時 (13時受付開始)

【場 所】 富士見グリーンカルチャーセンター

【参加費】 無料   【定員】 100名 ※要予約➡ 富士見町産業課商工観光係 0266-62-9342

【内容】 ライチョウサポーターの活動内容

    1)ライチョウモニタリングへの参加

    2)ライチョウの保護に関する普及啓発活動

    3)ライチョウ関連イベントボランティア

    4)ライチョウ生息地のパトロール

 

 詳しくはこちらのチラシをご覧ください。 ライチョウサポーター養成講座チラシ [PDFファイル/980KB]