ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 産業課 > 認定農業者制度に関すること

認定農業者制度について

認定農業者ってなに?

 認定農業者制度とは、農業を頑張っていこうという方が自分の夢を数字に表して、将来の経営の姿をどういう方向に改善・発展させていくかの経営改善計画を立てていただきます。これを富士見町が認定して「農業のプロフェッショナル」を目指す方を支援していく制度です。

これからの農業経営について考えてみよう!! 

  • 「農業が好きだから、農業で頑張りたい」そんな方の夢をかなえるには、まず具体的な計画を立てることとそれを着実に実践していくことが必要です。
  • 5年後の経営目標について、経営規模や所得、労働時間について数字で表しましょう。
  • 認定農業者になる条件は?

    認定農業者制度は、プロの農業経営者としてがんばっていこうという農業者を幅広く育成していくものです。

    • 男女を問わないことはもちろん、個人だけでなく、法人も認定の対象となります。
    • 現時点で新規就農を目指す非農家や兼業農家であっても大丈夫!
    • 農地を持たない畜産や施設園芸、複合経営ももちろん認定の対象となります。
    • 家族経営協定等の取決めによって、共同経営を行っている夫婦等が共同して認定を受けようとする場合も対象となります。
    • 大切なことは、経営改善計画が実現可能であって、自らが計画の実現に向けて意欲的に取り組むことです。

    認定を受けたあとはどうなるの?

    • まず、認定農業者としての自覚を持って、自らが立てた計画に沿った経営の改善に取り組むことが大切です。

    どんなメリットがあるの

    • 低利資金の融資
    1. スーパーL資金
    2. スーパーS資金
    3. 農業改良資金
    4. 農業近代化資金
    • 税制の特例
    • 経営相談・研修
    • 機械等導入
    • 農地集積
    • 農業者年金におけるメリット