ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 総務課 > News Fujimi(広報ふじみ平成29年11月号より)


植松佳光副町長 就任   10月2日(月曜日)

 役場において植松佳光副町長の就任式が行われました。植松副町長は長年町職員として勤務。産業課長、総務課長を歴任し、今年3月定年退職されました。

 名取町長は、「行政経験も長く知識も広い。私とは違う考え方や違う切り口でもの事を見ることができ、公明正大で常識のある人、という私の求めに十分応えてくれると感じている。」と紹介されました。

 植松副町長は、「再び一緒に働けることが嬉しくもあり、責任の重さも感じている。自分の力を最大限発揮し、町の発展のために取り組んでいきたい。」と抱負を述べられました。

植松佳光副町長


富士見町消防団 第1分団 長野県知事を表敬訪問   10月3日(火曜日)

 7月30日(日曜日)に行われた、第59回長野県消防ポンプ操法大会ポンプ車の部で優勝した富士見町消防団第1分団(久保田康彦分団長)は、長野県知事を表敬訪問し、県大会優勝の報告をしました。報告会では、久保井淳団長より「春から練習を始め、県大会では3年ぶりに優勝することができました。また来年もこの席上に来られるように団員一同精進していきたいと思います。」と優勝報告を行いました。

阿部県知事と記念撮影


敬老お祝い訪問     9月14日(木曜日)

 今年度99.歳から105歳を迎える町の高齢者7名のお宅を町長が訪問し、長寿を祝いました。

 3月に99歳を迎える佐久あさよさん(乙事)は大変お元気で、朝晩のストレッチが毎日の日課だそうです。この日も、事前に美容院へ行きおしゃれをして息子さんご夫婦と笑顔で出迎えてくださいました。名取町長と「来年また元気でお会いしましょう!」と約束し、握手を交わされました。町内の99歳以上の方は、男性4名、女性29名です。

息子さんご夫妻と町長と一緒に記念撮影町長から記念品を受け取る佐久さん


第1回津軽すこっぷ三味線 長野県大会   10月1日(日曜日)

 町民センターで第1回津軽すこっぷ三味線 長野県大会が開催されました。「町を元気に!」と、商工会青年部(小林圭部長)が中心となり実行委員会を立ち上げ富士見町での開催が実現しました。町内をはじめ飯田や木曽など県内から、個人の部3名、団体の部11チームが参加しパフォーマンスを披露しました。

JA信州諏訪女性部 君に届Kのお二人 チーム丸源のお二人 がけっぷちの商店主の会 パフォーマンスを見て笑顔のお客さん 審査員も笑顔

フィナーレはみんなでにぎやかに フィナーレはみんなで賑やかに