ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 総務課 > News Fujimi(広報ふじみ平成30年6月号より)


 まちの「話題」や「イベント」をご紹介します


420日(金曜日) 「OKKOH(オッコー)富士見っ子音頭」講習会

昨年に新曲として発表された「OKKOH(オッコー)富士見っ子音頭」の講習会が開かれ、80人近くの方が参加しました。

より多くの人が親しみやすく楽しんで踊れるように工夫されており、富士見町商工会ではCDやDVDの販売も行っています。

OKKOH富士見っ子音頭を踊っています 富士見町商工会で販売しているCDとDVDです


427日(金曜日) 富士見高校 苗祭り

富士見高校の園芸科の生徒が育てた野菜や草花の苗を求め、100人以上の方が列を作りました。

生徒たちはお互いに声を掛け合いながら、購入された苗をリヤカーで駐車場まで運ぶなど、元気に対応していました。

富士見高生が苗を販売しています 花の販売をしている様子です

 


4月29日(日曜日) 2018 Ikā(いかざぁ)ふじみグリーンフェア

毎年恒例のグリーンフェアが行われ、多くの人で賑わいました。

今年は富士見フードドライブも同時開催され、5月12日(土曜日)には集められた食材を使った「愛情こめ&こめ おにぎり祭り」がコミュニティ・プラザ1階で行われました。

多くの人で賑わいました 町民の方が物資を寄付する様子です


5月5日(土曜日) 縄文体験・ぼろ機(はた)織り体験

井戸尻考古館で縄文体験・ぼろ機織り体験が行われ、町内外から多くの人が参加しました。

弓矢を持った子どもたちは「縄文人になったみたい」と一生懸命に的を狙っていました。

子供たちが弓矢の体験をしています 火おこし体験の様子です ぼろ機織り体験の様子です


5月8日(火曜日) 農業と障がい者福祉の連携

来年4月に町内にオープンする「カゴメ野菜生活ファーム富士見」で、農業と福祉の連携を図る試みとしてトマトの定植が行われ、県諏訪養護学校の生徒やアートカレッジちゃおの利用者が協力しました。

トマトの定植をしているところです

512日(土曜日) ホテイアツモリソウ山麓実験園オープン

富士見パノラマリゾート内に釜無ホテイアツモリソウパノラマ山麓実験園が開園しました。ホテイアツモリソウは絶滅危惧種にも指定されている貴重な花です。

当日は、約60人の方がアツモリソウなどの山野草を楽しみました。山麓実験園の公開は6月中旬頃までを予定しています。

オープンセレモニーの様子です 山野草を楽しんでいる様子です