ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 総務課 > 富士見町行政改革大綱

富士見町行政改革大綱

 近年、地方行政を取巻く環境が急速に変化してきており、少子高齢化や国際化,高度情報化が進行し、社会経済情勢に大きな変化を見せています。また、国の三位一体改革や財政再建の動きが本格化する中、限られた財源で多様化・高度化する町民ニーズに的確に対応していくためには、今までの行政サービスを見直し、長期的視野に立って改革を進めていかなければなりません。富士見町行政改革大綱は、こうした行政課題を解決するため、効率的な行政運営を目指し、積極的、計画的に推進を図るためのものです。社会経済情勢の変化に対応した大綱の見直しを行い、平成8年から行政改革大綱を策定し、行政改革への取り組みを進めてきました。

経過

昭和60年   ・・・行政改革推進本部・行政改革推進委員会設置

平成 8年 3月・・・「第1次富士見町行政改革大綱」

平成10年12月・・・「第2次富士見町行政改革大綱」

平成14年12月・・・「第3次富士見町行政改革大綱」

平成18年 3月・・・「第4次富士見町行政改革大綱」 

平成23年 3月・・・「第5次富士見町行政改革大綱」 

第5次行政改革大綱 [PDFファイル/256KB]

第5次行政改革大綱実施計画(H23) [PDFファイル/283KB]

第5次 行政改革 評価表 [PDFファイル/544KB]

 

 

行政改革ついてのご意見・お問い合わせ

〒399-0292長野県諏訪郡富士見町落合10,777番地