ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 総務課 > 「富士見町ホームページ」の、ウェブアクセシビリティ方針とJIS-X8341-3:2016に基づく試験結果

ウェブアクセシビリティ方針

アクセシビリティという言葉は、一般に「高齢者や障害者など、心身の機能に制約のある人でも問題なく利用できること」を表すために用いられます。その対象は、パソコンや電話機のような情報機器、そしてそれらを用いて利用されるコンテンツ(情報の内容)など広い範囲に及びます。なかでもインターネットを通じて利用されるウェブコンテンツのアクセシビリティを「ウェブアクセシビリティ」といいます。

富士見町公式ホームページでは、「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」に対応することを目標とし、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。

JIS X 8341-3:2016にはA、AA、AAAの3つの適合レベルがあり、総務省の作成する「みんなの公共サイト運用ガイドライン外部リンク」において、公的機関に対しては適合レベルAAに準拠することが求められています。

「適合レベルAAに準拠」とは、適合レベルA及び適合レベルAAの全ての達成基準を満たすことを意味します。この表記方法は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3 : 2016 対応度表記ガイドラインン 2016年3月版」で定められた表記によるものです。(URI https://waic.jp/docs/jis2016/compliance-guidelines/201603/)

1.対象範囲

  富士見町ホームページ(http://www.town.fujimi.lg.jp/ドメイン以下)において、富士見町コンテンツマネジメントシステム(以下「CMS」)管理下にあるウェブページを対象範囲とします。

2.目標とする達成等級及び対応度

  JIS X 8341-3:2016の等級AAに準拠することを目標とします。

3.例外事項

  1. 外部から提供されたサービスをコンテンツとして掲載したウェブページ(Googleマップ、YouTubeなどの動画を掲載しているページ)に関しては例外とします。
  2. PDFファイル(拡張子が.pdfのウェブページ)を対象から除きます。
  3. 動画コンテンツを含むウェブページを除きます。
  4. バナー広告を除きます。

ウェブアクセシビリティ達成状況

「富士見町ホームページ」の、JIS-X8341-3:2016に基づく試験結果は、以下のとおりです。

達成した等級

達成等級AA

達成基準チェックリスト

試験を行ったページのURLリスト

今回試験を行ったページを下記に掲載します。

試験を行ったページリスト

1.ウェブページの選択方法

JIS X 8341-3:2016「附属書JB d)ウェブページ一式を代表するウェブページとランダムに選択したウェブページとを併せて選択する場合」に基づき、「ウェブページ一式を代表するウェブページ(13ページ)」及び「ランダムに選択したページ(40ページ)」の計53ページを選択しました。

JIS X 8341-3:2016 試験実施ガイドライン外部リンク

2.試験の対象範囲から除くもの

  • Googleのサービスを使用しているコンテンツ
  • YouTubeのサービスを使用しているコンテンツ
  • PDFファイル
  • バナー広告

3.依存したウェブコンテンツ技術

XHTML 1.0 Transitional、css 2、JavaScript

各用語の補足
  • XHTML HTMLの文書型定義のひとつ。
  • CSS Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略。HTMLと組み合わせて使用する言語で、主にウェブページが表示される際のデザインを指定します。
  • JavaScript プログラミング言語のひとつ。主にウェブブラウザ上で利用されており、ウェブページに動きをつけるなど様々な目的で使用されます。

4.試験実施期間

2018年1月22日から2018年1月26日まで