ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 財務課 > 生命保険料控除の見直しについて(平成25年度適用)

平成22年度の税制改正により、平成25年度の住民税における生命保険料控除が見直されました。 

今回の改正では、平成24年1月1日以降に契約した保険等について、従来の一般生命保険料控除と個人年金保険料控除に加えて、介護医療保険料控除が新設されます。なお、平成23年12月31日以前に契約した保険等については、従前と同様の控除が適用されます。

 

(1)平成24年1月1日以後に契約した保険等(新契約)

1.   介護医療保険料控除の創設 <控除限度額:28,000円>

2.   一般生命保険料控除の縮減 <控除限度額:35,000円→28,000円>

3.   個人年金保険料控除の縮減 <控除限度額:35,000円→28,000円>

 ※1+2+3の合計限度額:70,000円

(2)平成23年12月31日以前に契約した保険等(旧契約)

1.   一般生命保険料控除  <控除限度額:35,000円>

2.   個人年金保険料控除  <控除限度額:35,000円>

 ※1+2の合計限度額:70,000円

 

◆控除額の計算方法

支払保険料額

控除額

限度額

(1) 平成24年1月1日 以降契約(新契約)

12,000円以下

支払保険料の全額

合計適用

限度額
70,000円

12,001円~32,000円

支払保険料の1/2+6,000円

32,001円~56,000円

支払保険料の1/4+14,000円

56,001円以上

28,000円

(2) 平成23年12月31日 以前契約(旧契約)

15,000円以下

支払保険料の全額

15,001円~40,000円

支払保険料の1/2+7,500円

40,001円~70,000円

支払保険料の1/4+17,500円

70,001円以上

35,000円

(3) (1)と(2)の両方

 (1)+(2) (適用限度28,000円)

 

(3)新契約と旧契約の双方の保険契約等に係る控除がある場合

(1)と(2)のそれぞれの計算式で求めた合計額

※各控除の限度額:28,000円 合計限度額:70,000円