ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 財務課 > 年金所得者の寡婦(寡夫)控除に係る申告手続きが簡素化されました

今まで、所得が公的年金のみの方が「寡婦(寡夫)控除」を受けようとする場合、税務署への確定申告または役場への町民税・県民税の申告が必要でした。

しかし、平成25年分の公的年金等支払報告書(日本年金機構等から町に送付されるもの)に寡婦(寡夫)控除の情報が記載されるようになったため、個人での税務署への確定申告または役場への町民税・県民税の申告が不要となりました。

 ただし、「公的年金等の受給者の扶養控除申告書」に「寡婦(寡夫)」の記載をしなかった方や、「公的年金等の受給者の扶養控除申告書」を日本年金機構等に提出しなかった方は、寡婦(寡夫)の控除が適用されませんので、これまでどおり税務署への確定申告または役場への町民税・県民税の申告が必要となります。