ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

止血法

血液から様々な感染がおこる可能性があります。止血時には直接血液に触れないようにビニール手袋を付けるか、無い場合には買い物用ビニール袋の中に手を入れ、その手で止血を行ないましょう。

直接圧迫止血法

止血の基本法です。傷口に清潔なタオル、ハンカチ、ガーゼ等を重ねて当て、手で圧迫して止血します(ティッシュは×)。
大きな血管からの出血等、片手で圧迫しても血が止まらない場合は、両手で体重をかけながら圧迫します。