ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

下水道の料金表

下水道の料金表

 下水道を使用しますと使用者の方に流した汚水の量に応じて、下水道使用料を負担していただくことになります。納めていただいた使用料は、処理場の運転、下水管渠の清掃や補修など、下水道施設の維持管理にあてられます。

下水道使用料の徴収は、2ヶ月に1度行っています。

使用月使用期間徴収月
 1月分・ 2月分12/16 ~  2/15 3月
 3月分・ 4月分2/16 ~  4/15 5月
 5月分・ 6月分4/16 ~  6/15 7月
 7月分・ 8月分6/16 ~  8/15 9月
 9月分・10月分8/16 ~ 10/1511月
11月分・12月分10/16 ~ 12/15 1月

下水道使用料金の計算は・・・・

使用料金の算定基礎となる汚水量は、水道メーターで検針された使用水量を下水管に流れる量として算出します。一般に町の水道を使用している家庭については下の表によります。

【使用料の概要 (税込)】 平成26年4月1日現在

上下水道料金早見表 [PDFファイル/55KB]

種別基本使用料(1ヶ月分)超過使用料
排出量使用料排出量使用1m3につき
一般汚水

0m3から
10m3まで

1,944円

10m3から
20m3まで

205.2円

20m3から
30m3まで

210.6円

30m3から
50m3まで

221.4円

50m3から
100m3まで

226.8円

100m3~

237.6円

 【排出量別使用料表 (税込)(2ヶ月につき)】

排出量20m330m340m350m360m3
料金3,888円5,940円7,992円10,098円12,204円

 

参考(例)排出量45m3の場合の料金計算
計算式(2ヶ月分で計算します)
基本料金(20m3までの分)3,888円(1)
21m3から40m3205.2円×20m34,104円(2)
41m3から60m3210.6円×5m31,053円(3)
使用料(1)+(2)+(3)9,045円 

 

下水道使用料の納付方法

 下水道使用料の納入方法については、納付書による直接納付と口座振替があります。
奇数月の15日頃、使用者宛に納付書を発送します。
直接納付の方は、納付書を切り離さずに役場会計、又は金融機関の窓口へ提出して下さい。
口座振替による引き落としは原則として月末に行ないますので、残高等の確認をお願いします。
使用料の納入については口座振替が便利です。
口座振替依頼書は、金融機関・上下水道課または財務課にあります。
(ご連絡をいただければ郵送いたします。)
手続きの際には口座番号がわかるものと、口座のお届け印をご持参下さい。

口座振替取扱金融機関

  • JA信州諏訪
  • 三井住友銀行
  • 八十二銀行
  • 全国の郵便局
  • 諏訪信用金庫

 生活保護法による生活扶助世帯の方は、使用料減免の申請ができます。

 生活扶助を受けている世帯を対象に、申請により下水道使用料の一部が減免されます。
詳細については下記にお問い合わせください。