ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

信州 富士見町をじっくり楽しむ 富士見町観光情報

  • 観光情報トップページ
  • 食べる
  • 遊ぶ
  • 泊まる
  • 旬を体験する
  • 富士見を歩く
  • 子供と楽しむ
  • 絶景を撮る
  • 特産品&お土産
  • イベント情報
フォトギャラリー 動画で見る富士見町 八ヶ岳 入笠山・入笠湿原

富士見町を歩く

富士見の石仏巡りコース 【2019年4月14日(日)ガイドツアー】

富士見の石仏巡りコース

富士見町の石仏を巡る

道祖神や馬頭観世音といった石仏が多く残っている信州。

富士見町内にも多くの石仏が点在し、歴史探索を楽しめます。

残雪の南アルプスと古木桜の美しい季節に信濃境駅周辺の石仏を巡ってみませんか。

 

日時 2019年4月14日(日)
9:00~13:00
距離 約 8 km
料金 2,500円(昼食込)
ご予約 富士見町観光協会
TEL : 0266-62-5757
申込み期限 3日前まで(先着順)
キャンセル料 当日100%

富士見の石仏巡りコース

 

周辺スポット

井戸尻考古館 井戸尻考古館

縄文土器や住居を展示する観光スポット。今年の干支である巳年にあたり、企画展示「井戸尻文化の蛇」を6月まで開催中。蛇模様の土器や土偶を展示し、その秘密に迫ります。

井戸尻考古館の紹介

池生神社 池生神社

2本の鳥居が独特な雰囲気を醸し出す史跡池生神社。鎮座は平安時代と言われ宝物「長巻直し」を収蔵している。夏には緑に囲まれ、秋にはそばの花が満開になります。

田端しだれ桜 田端しだれ桜

胸高周囲315cm、樹高6m。根元から二股に分かれている大木が特徴的なしだれ桜。正面に甲斐駒ケ岳、左手に富士山、後ろに八ヶ岳が絶景を織りなす。梅や桃との競演も見ることができる場所です。

葛窪しだれ桜 葛窪しだれ桜

胸高周囲343cm、樹高7m。残雪の南アルプスを見渡せる高台に聳えるしだれ桜。 田園風景の中、視界を遮るものがない場所に佇んでいる美しい桜だが、江戸時代には交通の要所となっていた場所だという。

境小学校桜並木 境小学校桜並木

桜が連なる並木道、1本で魅了するしだれ桜とはまた趣の違った春景色を感じます。春の陽気に誘われるそんな田舎道にぴったりの桜並木です。

高森観音堂しだれ桜 高森観音堂しだれ桜

胸高周囲357cm、樹高10m、樹齢推定250年。のどかな里山の集落に佇む存在感のあるしだれ桜です。 地面に着きそうなほど細い枝を垂らして花を咲かす様が見事で、萱ぶき屋根の観音堂や観音様ともマッチ。

高森墓地しだれ桜 高森墓地しだれ桜

胸高周囲328cm、樹高13m。一際華やかでピンクが映えるしだれ桜。 樹齢が比較的若いこの桜には、枝に活力が漲り、糸のような枝が美しく花を咲かせています。

田端鼎談桜田端鼎談桜

残雪の甲斐駒ケ岳、鳳凰三山を背景に咲く田端・森新田の桜。 富士見高原の桜ではもっとも開花が遅い桜として知られ、水田が鏡のように『鼎談桜(ていだんさくら)』を映し出しています。