ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・健康・生活 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行に備えて

本文

新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行に備えて

ページID:0063883 更新日:2022年11月21日更新 印刷ページ表示

今年の冬は新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行が起こる可能性が

今年の冬は新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行が起こる可能性があります。

同時に流行することで、発熱外来など医療機関がひっ迫し、受診しづらくなる場合があります。

そのため、事前の準備をお願いします。

感染が拡大する前にお願いしたいこと

感染が拡大する前にお願いしたいこと [PDFファイル/442KB]

  • 感染が拡大する前に・・・

   ○ 新型コロナワクチンの早めの接種を

   ○ インフルエンザワクチンの接種についても65歳以上の方などの定期接種対象者で接種を希望される方は早めの接種を

  • 発熱などの体調不良時に備えて・・・

   ○ 新型コロナ抗原定性検査キット

   ※国が承認した検査キットを選びましょう

     ◯ 「体外診断用医薬品(医療用)」「第1医薬品(一般用)」

     ✕ 「研究用」

   ○ 解熱鎮痛剤

    ・・・など、かかりつけ薬剤師・薬局にお気軽にご相談ください。

    そのほか・・・

   ○ 体温計や消毒物品など必要になると考えられるもの

   ○ 日持ちする食料(5~7日分)など生活必需品       なども用意しておきましょう。

  • 合わせて確認を!

   電話相談窓口などの連絡先も確認しておきましょう。

   ○  受診・相談センターなどお住まいの地域の相談窓口

   ○ こども医療相談(#8000)                                                 など

のどの痛み・発熱などの症状が出たら・・・

重症化リスクの高い方(高齢者・基礎疾患を有する方・妊婦)、小学生以下の子どもと保護者の方へ [PDFファイル/393KB]

  • 新型コロナウイルスの重症化リスクの高い方は早めに発熱外来など医療機関を受診してください。

   ○ かかりつけ医がいる場合  かかりつけ医に相談の上、受診してください。

   ○ 受診を迷う場合        電話相談窓口などで相談の上、受診してください。

  〈重症化リスクの高い方とは〉

   以下の項目や疾患に該当する方が重症化リスクが高いと考えられます。早めの相談・受診をしましょう。

   □ 65歳以上  □ 喫煙歴がある □ 妊娠している  □ 肥満(BMI 30以上)

   □ 糖尿病    □ がん      □ 慢性腎臓病   □ 脳血管疾患   □ 慢性呼吸器疾患(copdなど)

   □ 高血圧    □脂質異常症   □ 心血管疾患   □ 免疫機能低下の可能性のある方

  • 小学生の子どもは、かかりつけ医はじめ地域の小児科医などにご相談ください

   とくに子どもの場合は、症状が年齢などによって様々です。機嫌がよく、辛そうでなければ、慌てずに様子を見たり、

   かかりつけ医にご相談ください。受診に迷った場合や夜間・休日の場合は電話相談窓口(こども医療相談 #8000)や

   「こどもの救急」等関係Webサイトをご利用ください。

  ※2歳未満では新型コロナウイルス、5歳未満ではインフルエンザ、基礎疾患のある子どもは年齢にかかわらず

   どちらの感染症において重症化リスクがあります。心配があればあらかじめかかりつけ医と対応を相談しておきましょう。

新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが低い方へ

新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが低い方へ [PDFファイル/401KB]

  • のどの痛みや発熱などの症状が出た場合は、まずはご自身で新型コロナウイルス高原検査キットで検査してください。

    ※国が承認した検査キットを選びましょう

     ◯ 「体外診断用医薬品(医療用)」「第1医薬品(一般用)」

     ✕ 「研究用」

  • 検査キットで陽性だった場合は、お近くの医療機関を相談して受診してください。

    ※重症化リスクのある方でインターネットが使える環境にある方は長野県の軽症者登録センターへご登録ください。

     詳しくは長野県のホームページ(下記のリンクから移動できます)にてご確認ください。

          ttps://www.pref.nagano.lg.jp/kansensho-taisaku/jikokensa.html<外部リンク>

  • 受診を迷った場合は電話相談窓口をご利用ください。
  • 症状が変化し、重くなったなど感じて受診を希望する場合は、電話相談窓口などで相談し病院への受診をご検討ください。

 

このページに関するお問い合わせ先

 

Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)