ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 博物館 > 富士見町高原のミュージアム > 「紙使いの匠 篠崎 均の世界」 開催について

「紙使いの匠 篠崎 均の世界」 開催について

博物館高原のミュージアム開催中の企画展紹介!

 紙使いの匠 篠崎 均の世界 

開催期間

 令和2年8月9日(日曜日)~令和2年9月6日(日曜日)まで

 新型コロナウイルス感染拡大防止策を講じながらの開催となります。

 来館者が多い場合は人数制限をさせていただきますので、ご理解とご協力をお願いします。

 館内での撮影は4mの恐竜 ステゴザウルスの前のみとさせていただきます。

 恐竜以外の展示物の撮影、Sns等への投稿は著作権等にかかりますので、掲載しないようお願いいたします。

 

 

展示作品

 篠崎 均氏はペーパーアート界の第一人者。TVチャンピオン(テレビ東京系)では、段ボールアートをテーマにしたシリー

 ズで3連覇を達成するなど、1枚の紙を変幻自在に操り緻密な立体造形物を創造する他に類を見ない卓越した紙使いの

 アーティストです。

 今回は、ペーパークラフトでレースカーや飛行機、カメラなど精密メカ作品、テクニカルイラストレーションでカメラやラジコン

 等、ペーパークレイで紙粘土で作成したカメレオン等の生物オブジェを展示します。

 また、段ボールクラフトの4mの恐竜ステゴザウルスの前で記念撮影ができるフォトスポットもあります!

 紙使いの匠の世界をどうぞご堪能ください。

企画展入口です。



 


(2)大きなガラスケースの中は、F1そっくりのレースカーがずらりと並んでいます。

 ガラスケース内です。ガラスケース内です。

 

 

(3)4mの恐竜 ステゴザウルスの登場です。お子さんと一緒に写真が撮れるフォトスポットです

ステゴザウルスのフォトスポットです。

 

※諏訪6市町村内の小・中学生は無料で入館いただけます。

  皆さんのお越しをお待ちしています。