ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 住民福祉課 > 県外で妊婦一般健診を受ける方へ

長野県外で妊婦一般健診を受ける場合

 県外の病院では町が発行する妊婦一般健康診査の受診票を使用できません。

 里帰り等の理由により県外医療機関及び助産所で受診された場合、申請により助成金を受け取ることができます。

 

手続きについて

 妊婦健診の費用は一度医療機関の窓口で全額お支払いください。医療機関で健診料金のわかる領収書・明細書を発行してもらい、下記の通り申請期間内に必要な提出書類を揃えて提出してください。

 後日、申請書に記載していただいた口座へお振込みします。

申請期限

 最終受診日から6か月以内

申請窓口

 住民福祉課 保健予防係 (保健センター)

提出書類

  1. 妊婦一般健康診査費用負担金助成申請書・請求書(2枚)
  2. 妊婦健診にかかった費用の領収書・明細書
  3. 未使用の受診票

申請書ほか

 里帰り出産などで県外の病院で出産・妊婦健診を受けられる方へ [PDFファイル/102KB]

 妊婦一般健康診査公費負担金助成申請書 [PDFファイル/144KB]

 

妊婦健診の助成額

 助成額を下記の表のように定めています。

 健診の金額がこれを上回るものについては差額分は自己負担となりますので、ご了承ください。

妊婦一般健康診査助成額(H29.4.1~)
健診名上限金額
基本健診(初回)6,350円
基本健診 2~145,750円
追加検査 117,680円
追加検査 21,710円
追加検査 31,550円
追加検査 43,600円
超音波検査 1~44,780円

※町民税非課税世帯に属する方、生活保護世帯に属する方はお問い合わせください。