ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 農業委員会 > 農地を売買、貸借するには(法3条)

農地を売買、賃借するには

 通常の土地の売買においては、売主と買主が売買契約を締結し、代金支払いと同時に登記することで所有権取得することになります。また、賃貸借も貸主と借主の契約で貸借することができます。しかし、農地の場合は農地法の許可を受ける必要があります。
農地を耕作目的で売買や賃貸借する場合は「農地法第3条の申請」を提出し、許可を受けないと所有権移転の登記ができない等、効力が生じません。許可は富士見町農業委員会の許可となります。

 1 許可の条件                                                     

次のすべてに該当しなければ許可されません

(1)買受け者、借受け者又はその世帯員が、申請地を含む全ての経営農地を「効率的に利用し、耕作」すること
(2)買受け者、借受け者又はその世帯員が、農業経営に必要な作業に「常時従事」すること
(3)買受け者、借受け者又はその世帯員が、申請地において行う農業の内容等からみて、「周辺農地の農業上の効率かつ総合的な利用の確保に支障を生ずる恐れがない」こと
(4)買受け者、借受け者の耕作面積が、申請地を含めて「5,000平方メートル以上」あること
(5)申請地につき、賃貸借等の使用収益を目的とする権利を有する者がいないこと

 2 事務処理日程                                                   

(1)受付締切日/毎月10日(10日が土曜日の場合は翌々日、日曜日・祝日の場合は翌日)
(2)交付予定日/受付月の30日頃(4週・28日)

 3 主な手続きの手順                                                 

(1)上記の許可できない場合に該当するかを確認して下さい
(2)農家台帳により買受け者、借受け者の耕作面積が、申請地を含めて5,000平方メートルであることを確認して下さい。
  ※富士見町以外の農地に所有権を有している場合は、その農地を管轄する農業委員会で耕作証明の発行を受けて下さい
(3)申請農地について、法務局で土地の「登記事項証明書(全部事項証明)」「公図」の発行を受け、記載内容を確認して下さい
(4)許可申請書、必要な添付書類について、農業委員会事務局へお問合せ下さい
(5)必要な添付書類を用意し、許可申請書に必要事項を記入、押印して、農業委員会事務局に提出して下さい
(6)農業委員会において現地確認を行います
(7)農業委員会の総会において、申請内容を審議します
(8)許可に至った場合は、富士見町農業委員会で許可書等を交付します。受け取りには認印が必要となります
(9)法務局で登記の手続きをして下さい

 4 必要書類                                                       

(1)許可申請書(第3条許可申請書)   [Wordファイル/34KB]  [PDFファイル/189KB]                        許可申請書記載例 [PDFファイル   /241KB]
(2)必要な書類 [PDFファイル/94KB]
   農業委員確認票 [PDFファイル/39KB]  [PDFファイル/39KB]

【注意点】
申請の際には、記入漏れや誤りがないか、添付書類が揃っているかなどをしっかり確認して下さい。許可申請書、添付書類に不備がありますと、当月分として処理ができなくなる恐れがあります。余裕をもって申請を行って下さい

 5 提出部数                                                       

「1部」

 6 提出先                                                        

農業委員会事務局の窓口(役場2階奥11番カウンター)に提出して下さい