ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 財務課 > 個人町民税・県民税について

個人町民税・県民税について

 個人町民税・県民税は、1月1日現在に富士見町に住んでいる方に、前年中の所得に応じてご負担をお願いするものです。

 個人町民税と個人県民税を合わせて、一般に「個人住民税」といいます。なお個人県民税の申告と納付は、個人町民税と合わせて行います。(以下「町県民税」として説明します。)

税率について

 町県民税は、所得割と均等割に区分されます。

 <町県民税の税率>(分離所得の税率は異なります)

 

町民税

県民税

所得割(標準税率)

6%

4%

均等割

3,500円

※2,000円

※  個人県民税には、平成20年度から平成29年度までの10年間、「長野県森林づくり県民税」として500円が上乗せされます。(平成24年に5年間延長となりました。)

  1. 所得割:前年1年間の所得金額を基礎として算出いたします。
  2. 均等割:町民税は3,500円(標準税率)、県民税は2,000円です。平成26年度から35年度までの10年間に限り「東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律」の制定により、個人住民税500円、県民税500円の合計1,000円が加算されます。
  3. 所得割と均等割の合計が、町県民税の年税額となります。

所得割について

・課税の対象者・・・総所得金額が次の計算で算出される金額を超える方

   35万円×(扶養親族の人数+1)+32万円

(扶養親族がいない場合は、総所得金額が35万円を超えると課税となります。)

・所得割の税額計算

  1. 総所得金額 - 所得控除合計額 = 課税標準額
  2. 課税標準額 × 税率(6%+4%) = 税額控除前所得割額
  3. 税額控除前所得割額 - ※税額控除額 = 所得割額

※    税額控除額:調整控除、配当控除、住宅ローン控除、寄付金控除などがあります。

均等割について

・課税の対象者・・・合計所得金額が次の計算で算出される金額を超える方

   28万円×(扶養親族の人数+1)+16万8千円

(扶養親族がいない場合は、合計所得金額が28万円を超えると課税となります。)

町県民税が非課税の方(所得割、均等割)

  • 賦課期日(1月1日)現在、生活保護を受けている方
  • 合計所得金額が125万円を超えていない未成年者や、障害者控除や寡婦(夫)控除を受けている方

町県民税の減免

 災害にあった、生活保護を受給するようになったなど生活が著しく困難になり納税が難しくなった方は、町県民税が減免される場合があります。減免を希望される方は、納期限の7日前までに財務課へ減免申請書を提出してください。

家屋敷について

家屋敷課税について

 1月1日現在において、富士見町に住所がなく、富士見町内に別荘や別宅、事務所などを所有されている個人の方などには、町県民税(家屋敷)として均等割のご負担をお願いしております。

 この家屋敷課税は、固定資産税とは異なり、富士見町から受ける行政サービス(消防、防災、衛生、道路など)に対して、一定の負担をお願いしているものです。

家屋敷の該当とならない場合

  • 居住地において個人住民税が非課税である
  • 貸付目的の住宅や他人に1月1日現在貸している住宅であり、所有者本人が自由に居住することができない
  • 老朽化が激しく直ぐに居住することができない、または居住するには修理が必要とする住宅である(電気、ガス、水道設備が欠けている状態など)
  • 単なる個人の資材置き場や倉庫などで、居住用の建物ではない      など

    ⇒ 上記に該当する方は、毎年6月に送付している納税通知書に同封しております「申告はがき」を使用し、6月中に申告してください。

お問い合わせ先

財務課町税係 電話:0266-62-9122(直通)