ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 住民福祉課 > 外国人住民の方についても住基ネットの運用が始まりました

外国人住民の方についても「住基ネット」「住基カード」の運用が始まりました!

2013年7月8日から外国人住民の方についても「住民基本台帳ネットワーク」の運用が開始され、「住民基本台帳カード」の交付を受ける事ができるようになりました。

住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)とは?

全国の市区町村の住民記録をネットワーク化(住民1人1人に固有の住民票コードが付番されています)して、全国(※)どこでも本人確認ができるシステムです。(※福島県矢祭町を除きます)

今回、外国人住民の方お1人お1人にも新たに住民票コードが付番され、住民基本台帳ネットワーク上で情報を共有できるようになりました。

なお、付番された住民票コードについては富士見町役場住民係から、各家庭へ郵便により通知をさせていただいております。

住民基本台帳カード(住基カード)とは?

住基ネットの情報を元に作成する公的な身分証明書として使えるICカードです。

住民基本台帳カードについて

どんな事が出来るようになりますか?

・一部の行政機関で、住民票の提出が省略できるなど、手続きが簡略化されます。

・在留カードまたは住基カード等を提示することで、お住まいの市区町村以外でも住民票の交付を受ける事が出来るようになります(住所地で発行できる住民票と記載項目が異なりますので、ご利用の際は住民票の提出先に必ず確認してください)

官公庁からのご案内

総務省 外国人住民に係る住民基本台帳制度について外部リンク

案内リーフレット

日本語版 [PDFファイル/233KB] 英語版 [PDFファイル/250KB] 中国語(簡体字)版 [PDFファイル/428KB] 

韓国語版 [PDFファイル/550KB] ポルトガル語版 [PDFファイル/291KB]