ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 富士見町高原のミュージアム

本文

富士見町高原のミュージアム

ページID:0060992 更新日:2022年6月5日更新 印刷ページ表示

博物館 富士見町 高原のミュージアム


小惑星リュウグウサンプルレプリカ展示

  はやぶさの日(6月13日)に合わせて小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウから地球に持ち帰った小惑星の石(レプリカ)を展示します。http://www.town.fujimi.lg.jp/site/haku1/hayabusa.html

サンプルの画像

展示期間:6月12日(日曜日)から7月7日(木曜日)

 

〇下記の感染予防対策にご理解・ご協力をお願いいたします。
・滞在時間は60分以内でお願いいたします。
・マスクの着用、入館時の手指消毒にご協力ください。
・発熱など体調のすぐれない方は入館をお控えください。

博物館高原のミュージアムへようこそ

 富士見町高原のミュージアム   富士見町高原のミュージアム

高原のミュージアムは、1994年11月に開館した博物館・公民館・図書館の複合施設、

富士見町コミュニティ・プラザの中にある博物館です。

当館では、映像で富士見高原の四季の自然をつづりながら文学を紹介するコーナー

などを設けて、ビジュアル的にもわかりやすい文学の展示に努めています。


富士見高原には、明治期より多くの文人たちが来遊し、この高原を題材とした小説

詩歌・俳句などが数多く生まれました。

アララギ派をはじめ、富士見高原を舞台に数多くの作品を残したゆかりの詩人や文人

である尾崎喜八田山花袋宇野浩二田宮虎彦唐木順三井伏鱒二

また、「夢二式美人画」と評され一世を風靡した竹久夢二

館内ではこれらの文人や詩人、画家らをコーナーに分け、多くの資料や映像で

分かりやすく紹介しています。

 

館内の様子